膜厚計、ピンホール探知器そして鉄片探知器・検針器などや建築リフォーム関連機器、水分計ならサンコウ電子研究所にご相談ください。


TOP > 膜厚計・関連測定器 > 詳細説明
■ 膜厚計・関連測定器

■ 膜厚計−電磁式膜厚計
特長 用途

1) ワイドバリエーション
センサタイプ、測定レンジ、表示方式、価格などワイドなバリエーションの中から、希望の用途に最適な器種を選ぶことができます。
2) CVD磁極
ハードな使用にも耐える超耐摩耗性のCVD処理を磁極に採用。長期間、高い再現性と初期特性を維持します。(一部器種を除く。仕様の項目でご確認ください。)
3) 多機能&単機能
膜厚計に要求される多彩な機能を搭載した多機能タイプと、わかりやすさ、操作性に重点をおいた単機能タイプがあります。
4) デジタル&アナログ
個人差による読み取り誤差のないデジタルタイプと膜厚を量的にとらえるのに適しているアナログタイプを目的用途に合わせてお選びください。
5) 操作性
大きな表示部、使いやすいキー配置によるZERO・標準調整など人間工学に基づいた操作性を設計コンセプトにしています。
6) 高信頼性
耐ショック構造、CVD磁極、高信頼性素子、耐久ケーブルなどの採用と、行き届いたアフターサービス体制で長い間、安心してご使用いただけます。
鉄素地上に処理された塗装、ライニングなどの絶縁性皮膜および非磁性金属皮膜の厚さを非破壊測定します。
2点調整式の高性能の電磁誘導式ですから、官公庁、試験場、研究所、各種法人、団体などの規格、内規、基準ならびにISO2808などの海外規格にも適合します。
鉄、鋼およびフェライト系ステンレスを含みます。)
・塗    装 機器、自動車、船舶、橋梁、鉄鋼構造物など
・ライニング 樹脂、タールエポキシ、ゴム、ホーロー、アスファルトなど
・メッキ 亜鉛、銅、クローム、スズなど(ニッケルを除くメッキ)
・メタリコン、パーカライジング、酸化膜、溶射膜など
・鉄板を基板として金属箔、樹脂フィルム、レジスト膜などの厚さの測定
BACK