膜厚計、ピンホール探知器そして鉄片探知器・検針器などや建築リフォーム関連機器、水分計ならサンコウ電子研究所にご相談ください。

TOP > 建築・リフォーム関連機器 > コンクリートテストハンマー
 
コンクリートテストハンマー
コンクリートテストハンマーは、現場でコンクリートの圧縮強度品質の推定に適用可能。JIS A 1155(規格機器名:リバウンドハンマー)、JSCE-G504(土木学会規準)、JSMS(日本材料試験協会指針)、DIN1048(ドイツ規格)、BS4408(英国指針)、ASTM C805(米国規格)、RILEM(国際材料構造試験研究機関連合指針)など多くの指針や規格に広く適用できます。
デジタルタイプシリーズは従来の指針方式に比べて簡便、迅速、正確で耐久性に定評の国産標準テスト器です。
強度推定換算表や推定式は、テストハンマーの反発値と数多くのコンクリート円柱体や角柱体を圧縮試験機で破壊した相関値に基づいています。
純国産製ですから迅速なメンテナンスなどアフターサービスも万全です。
テストアンビル(別売)でテストハンマーの精度が確認できます。
 
デジタルタイプ R-7500
 
コンクリートテストハンマー
デジタルタイプなので個人差が無く測定値のチェックが可能。また、プリンタ内蔵で各種データの印字が出来ます。
粉塵の侵入を防ぐブリーザー機能の装備で、長期間の安定精度を保持。
仕 様
システム 反発硬度法
推定強度範囲 10〜70N/mm2
衝撃エネルギー 2.207N・m
アンビル基準値 反発度:80±2
電源 単3アルカリ乾電池(1.5V)×4
付加機能 ブリーザー機能
使用可能数 乾電池 : 約30,000点測定/セット
記録紙 : 40ブロック(約800点)の集計印字/本
寸法重量 103(W)×109(H)×355(L)mm、1.8kg
付属品 収納ケース、砥石、記録紙6本
※ロックハンマーも有ります。
 
アナログタイプ N-6500
 
コンクリートテストハンマー N-6500
反発値を指針で表示。「圧縮強度判定法指針(案)」(日本材料学会)に準拠して製作しています。
主要部品は熱処理、硬質クロームメッキ、研磨等を施し、さらにブリーザー機能の装備で精度、耐久性が大幅にアップしました。
仕 様
システム 反発硬度法
推定強度範囲 10〜70N/mm2
衝撃エネルギー 2.207N・m
アンビル基準値 80±2
付加機能 ブリーザー機能
寸法重量 φ55×355(L)mm、1.0kg
付属品 収納ケース、砥石
BACK
ご意見・ご要望等、お気付きの点がございましたらお気軽にどうぞ E-mail:info@sanko-denshi.co.jp
TEL:東京 03-3254-5031/大阪 06-6362-7805/名古屋 052-915-2650/福岡 092-282-6801/営業統括部 03-3254-5033
このホームページに掲載のイラスト・写真・商標の無断転載を禁じます。
本ホームページ上で提供する情報の内容には万全を期しておりますが、完全性、正確性等を保証するものではありません。
提供情報を原因として、或いは情報の遅れ、中断その他の事由により、利用者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。